実際の体験談をご紹介

300万の借金を任意整理でかなり減額できた。(男性/20代)

男性/20代

私は現在、営業職として働いている20代の会社員です。

大学生の頃からパチンコが好きでのめりこんでしまい、借金をしてまで続けていた時期がありました。
最初にパチンコをした時、ビギナーズラックで大当たりしたのがきっかけです。

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りて、
1社で足りなくなれば、また違う会社のローンを利用していました。

正社員になってからは仕事が忙しくなり、自然とパチンコに行くことはなくなったのですが、
返しきれない300万円の借金だけが残ってしまったのです。

このままだと月々の返済だけで精一杯で暮らしていけないと思いました。

そこで、返済の仕方についてネットで調べていた時に、街角相談所-法律-という借金の無料相談サービスがあることを知りました。
匿名で利用できるとのことだったので、試しに使ってみました。

借金の額や借りている会社の数などを入力して、シュミレーションしてみたところ、
80万円くらい減額できるかもしれないという結果がでて、オススメの法律事務所も教えてもらいました。

その後、紹介してもらった法律事務所の人に任意整理について詳しく説明してもらい、
それを活用すれば、職場や家族に知られることなく借金を解決できることを知りました。

私のようにパチンコで借金をつくって相談に来る人は多いらしく、親身になって話を聞いくれたのが嬉しかったです。

今の収入と借金の状況を考慮して、正式に任意整理の手続きをしたのですが、
シュミレーションの結果どおり減額できました。

これからはパチンコやギャンブルをせず、真面目に生きていきたいと思います。

街角相談所-法律-

街角相談所-法律-
  • 簡単な質問に答えると、どれくらい借金が減額されるかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので便利

その他の体験談

パチンコによる借金の原因や返済方法

思うように減らないパチンコでできた借金。

上手な返済方法を知りたい方や、どうにか負担を減らしたい方も多いのではないでしょうか?
パチンコによる借金を返済するためには、まずその原因や具体的な改善方法を知ることが大切です。

そこで、借金返済のために借金をしてしまう人の特徴や原因、
返済方法についてアドバイスをもらえる相談所などを説明していきます。

パチンコで借金ができる原因

パチンコによってできた借金を返済するには、まず原因を知ることが大切です。

原因の一つとして、少ない金額から想像以上の大金を手にしてしまった時の興奮や高揚感が挙げられます。

この二つをなかなか忘れることができずに、もう一度大きなお金を手にすることができると考えてしまい、
継続してお金を使ってしまうケースが多いです。

順調にお金が増え続ければ、借金を背負う必要はありませんが、ギャンブルで勝ち続けることは難しいです。

そして、少しずつ使っていたはずのお金が次第に大きくなり始め、
ギャンブルを始めた頃に得たお金がなくなり、借金に手を出してしまうのです。

他にも、金銭的な面以外の原因として、大当たりした時の刺激の大きさも挙げられます。

自分で想像していた以上の刺激をギャンブルによって与えられ、それが快感になることで多額のお金を使ってしまうのです。
また、使いすぎたお金を取り戻そうと、ギャンブルに打ち込むケースも存在します。

これまでで失ったお金を取り戻すためにギャンブルを行い、さらにお金を使ってしまうという流れです。

パチンコで借金ができる人の特徴

パチンコが原因で借金を背負ってしまう人にはいくつかの特徴があります。

一つは、自分の欲求を抑えられない人です。

欲しいものややりたいことができた時、本来であれば貯金や生活に必要なお金を除いた、
余裕のあるお金で実現可能かどうかを判断します。

しかし、欲求を抑えられない場合、足りない分は別のところから追加して、なんとか自身の欲求を満たそうと考える人がいます。

ギャンブルにおいてもこのようなケースでは、必要なはずのお金を使って欲求を満たし、
お金を借りることに繋がる恐れがあります。

また、浪費癖もギャンブルで借金ができやすい人の特徴です。

浪費癖のある人の場合は必要だからお金を使うということではなく、
何かを購入することやお金を使うこと自体が目的になり、必要以上のお金を使ってしまうのです。

ギャンブルでも同じようにお金をたくさん使うことで快感を得て、借金に繋がることがあります。

他にも、消費者金融やクレジットカードの限度額を、自分の使えるお金や貯金と錯覚することも特徴の一つです。

このような特徴のある人は多重債務に陥るケースが多く、カード1枚で簡単にお金を使えることにより、
お金を借りているという感覚が薄くなってしまい、足りない分はお金を借りて補ってしまうのです。

パチンコ依存症を改善する方法

様々な原因や特徴によって、パチンコをしてしまい借金を抱える方の多くはパチンコ依存症になる傾向にあります。

依存症の場合、始めた頃は少ない額で月に数回遊んでいたはずが、少しづつその頻度が増えていきます。
週に2~3回、多い人では毎日パチンコに通いお金を使ってしまうことがあります。

このような依存症を抜け出すには、まず自身が依存症であると自覚し、家計管理を徹底することが大切です。

ギャンブルをせずに毎月必要なお金がどれだけあるのかを計算し、貯金に回すお金と借金返済に回すお金を確保します。
そして、残ったお金は趣味や交際費に使います。

注意点として、残ったお金をギャンブルに使わないようにしなければなりません。

また、暇な時間を作らないことも大切です。
時間がなければ必要以上にお金を使うこともなくなり、依存から抜け出すきっかけになるからです。

パチンコでできた借金の返済方法

100万円以下の借金の場合、年利は18%で月々に発生する利息は12000円となります。

毎月これだけのお金が利息となるのは大きな負担ですが、定職に就いている方であれば十分に返せる額です。
さらに、元金が減っていくほどに利息は少なくなります。

パチンコを辞めるか、使うお金の上限をきっちり決めて、
これまで消費していたお金を返済に充てていくことで全額返済は可能となってきます。

また、消費者金融の場合は毎月決められた金額以上を、ある程度まとめて返済することができます。

そのため、ボーナスが入ってきた時など、大きな収入があった際に返済していくと
元金が大きく減っていき、毎月の返済額が少なくなります。

ポイントはパチンコをやめられるかどうか、元金を増やさないことの2つです。

他にも、利息をカットすることで毎月発生する返済額の負担を減らして、全額返済に繋げることができます。

この方法は弁護士や司法書士へ相談して、専門的な知識のある方に借金の整理をしてもらいます
具体的には、貸金業者と弁護士・司法書士が直接交渉し、元金に対する利息をカットします。

交渉後は利息が免除され、元金を分割して支払います。

注意点として、この方法を利用した後は5年間新しくお金を借りることができなくなります。
車や家を購入するためにローンを組もうとしている場合は、よく検討しましょう。

借金返済に関して相談に乗ってくれる

パチンコを含むギャンブルでできた借金に関して、相談に乗ってくれるところは多く存在します。

例えば、弁護士事務所の場合は電話相談や着手金、分割払い対応などの相談を全て無料で行ってくれるところがあります。
さらに、家族や友人にバレないよう、借金返済のために動いてもらうことができるため、気軽に相談できます。

他にも、借金返済の専門家がアドバイスしてくれる街角相談所-法律-などもあります。

現在の借金状況を客観的に判断して、具体的なアドバイスをしてもらえますよ。

本気で返済を考えるなら、パチンコは辞めよう!

パチンコでできた借金を抱えながら毎月何度もパチンコをしてしまうと、
借金が膨らんだり、元金がなかなか減らない可能性が高いです。

これは専門家にアドバイスしてもらいながら返済していたとしても同様です。

全額返済したいと本気で考えている場合はパチンコをきっぱり辞めて、
必要のないお金の支出を少しでも減らす
ことを考えるようにしましょう。